counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
トレイル&フレンチでリフレッシュ
2017年03月2日(木)


 先日のアカデミー賞授賞式ほどではないものの、今週は仕事でイレギュラーな出来事が相次いだ。
 いずれも編集さんがらみのことなので詳しくは書けないが、おいおい、調子狂っちゃうよ、という感じ、久々に。

 で、きのうは今年初めての里山トレイルを大いに楽しもうと思っていたら、ここでも相棒の自転車にトラブル発生。
 西武線の元加治駅前で待ち合わせた直後、相棒は自転車を輪行袋に詰め直して都内にUターンせざるを得ず。

 仕方なくひとりで山へ入ったんだけれど、こういうときはまた何か不測の事態が起きるんじゃないかという嫌な予感がして、なかなかトレイルを攻めることができない。
 というわけで、久しぶりでもあり、最初の右回りはいつもよりひときわ慎重にソロ〜リソロリ。

 もっとも、路面コンディションはこの冬最高と言ってもいいほどドライ。
 右回りで十分に身体が温まると、2周目の左回りは結構ガンガンいけて、最近では一番イメージ通りの走りができた。

 帰宅後は近所のフレンチで、大学の後輩兼旧知の女友達と年に1度の誕生日会、という名目の大人の飲み会。
 しっかり運動したあとだったので、料理もワインもいつも以上にいい補給になっている、という実感がありました。
 


 いい運動、いい酒、いい食事、プラスいい友人兼話し相手。
 終わってみれば、リフレッシュできる最高の材料がそろった一日だった。
 
 ぐっすり眠って一夜明けたきょうは、午後から編集さんと仕切り直しの打ち合わせ。
 次の日曜は「トレイルも仕切り直しを」と相棒に言われているが、きょうは結構な雨だったし、筋肉痛も引きずってるし、どうしたものかと悩んでおります。 
 
月刊PHP4月号
ヒューマン・ドキュメント
生涯精進の江戸竿師
中根喜三郎
定価205円