counter
www.akasaka-cycle.com
font size       [old site
 home   blog   works   pick-up   others   profile   bbs 
オバマと食卓
2016年05月28日(土)


 オバマ大統領の平和公園訪問は現地ではなく、竹原の実家でテレビ中継を見ていた。
 当日は正午以降、公園への立ち入りが禁止されると聞き、間近で見られないのならテレビでもいいだろう、と考えて。

 それでも、大統領が岩国の米軍基地に入ってから以降は、親子3人そろってテレビの前に釘付けになった。
 平和公園で原爆慰霊碑に献花し、17分に渡って所感を述べている間は、両親もぼくも口を利かず、黙ってじっと聞き入っていた。

 夜5時から6時の間だから、ふだんのわが家ならワイワイガヤガヤ言いながら、晩ご飯の支度をしている時間帯である。
 しかし、きのうばかりは何となく厳粛な気持ちになり、家族のみんながオバマ大統領の一言一言、一挙手一投足を見守っていた。

 今朝の中国新聞に掲載された識者のコメントなどを読むと、オバマ大統領の来広には一定の評価を与えつつも、所感の内容にはやはり批判的な見方が多い。
 プラハ演説よりも後退した、しょせんは米国向けのパフォーマンスに過ぎないといった手厳しい意見もある。

 だが、しかし、今回はとりあえず、アメリカの現職大統領が初めて広島に来た、初めて被爆者と触れ合った、という事実を記憶しておきたいと思う。
 その後、母親のつくってくれた料理を魚に、竹原の地酒を美味しくいただきました。
 
新潮45 12月号
祝、新人王獲得!
中日・京田陽太
「プロ1年目は
出来過ぎでした」
定価880円